【過去問解説(運営管理)】H26 第8問 工程管理方式

今日は運営管理のH26年第8問の問題について解説します。

H26 運営管理 第8問
工程管理方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 完成品や仕掛品の現品管理を容易にするために、追番管理方式を採用した。
イ 工程間の仕掛在庫量を管理するために、製番管理方式を採用した。
ウ 受注見積りの時点で信頼できる納期を提示するために、かんばん方式を採用した。
エ 注文品ごとに部品を管理するために、生産座席予約方式を採用した。

 

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アはその通りで、追番管理方式は現品管理を簡単にするための管理方式です。

 

1つ目の選択肢で〇が確定できましたが、念のため残りの選択肢も見ていきましょう。

 

選択肢イの「工程間の仕掛在庫量を管理するため」の方法は、製番管理方式ではなくかんばん方式です。そのため、この選択肢は×と判断できます。

 

選択肢ウの「受注見積りの時点で信頼できる納期を提示するため」の方法はかんばん方式ではなく生産座席予約方式です。そのため、この選択肢は×と判断できます。

選択肢エの「注文品ごとに部品を管理するため」の方法は生産座席予約方式ではなく、製番管理方式です。そのため、この選択肢は×と判断できます。

 

この問題の誤りの選択肢イ、ウ、エを見てみると、製番管理方式、生産座席予約方式、かんばん方式の用語と説明が入れ替わっています。

この手の用語と説明の内容を入れ替えるパターンの誤りの選択肢も時々出題されます。

以上から正解は選択肢エとなります。

 

 

 

2020年度版まとめシート(前編)好評発売中!

ご購入はこちら

 

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ