【過去問解説(運営管理)】H28 第32問 インストア・マーチャンダイジング

今日は運営管理のH28第32問について解説します。

H28 運営管理 第32問

小売業の販売促進の方法と主な目的に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 売り場におけるクロスマーチャンダイジングは、関連する商品同士を並べて陳列することで、計画購買を促進する狙いがある。
イ エンドなどにおける大量陳列は、商品の露出を高めて買い忘れを防止するなど、計画購買を促進する狙いがある。
ウ 会計時に発行するレシートクーポンは、次回来店時の計画購買を促進する狙いがある。
エ 試食販売などのデモンストレーション販売は、リピート購買を促進する狙いがある。
オ 新聞折り込みチラシは、お買い得商品の情報を伝えて、想起購買を促進する狙いがある。

解説

小売業の販売促進に関する問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、クロスマーチャンダイジングについての説明ですが、クロスマーチャンダイジングの主な目的は関連購買(非計画購買)の促進となります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢イは、エンドにおける大量陳列についての説明ですが、エンドにおける大量陳列の主な目的は想起購買(非計画購買)の促進となります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢ウは、レシートクーポンについての説明ですが、レシートクーポンの主な目的は次回来店時の計画購買の促進となります。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢エは、デモンストレーション販売についての説明ですが、デモンストレーション販売の主な目的は衝動購買(非計画購買)の促進となります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢オは、新聞折り込みチラシについての説明ですが、新聞折り込みチラシの主な目的は計画購買の促進となります。
よって、この選択肢は×です。

以上から正解は選択肢ウとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ