【過去問解説(運営管理)】R2 第36問 物流戦略

今日は運営管理のR2第36問について解説します。

R2 運営管理 第36問

輸送手段等に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア RORO(roll-on roll-off)船は、フェリーと同様に、トラックと運転者を一緒に輸送することができる船舶であり、いわゆる旅客船のことである。
イ 中継輸送とは、長距離あるいは長時間に及ぶトラック輸送のときに、1人の運転者が輸送途中で休憩しながら発地から着地まで一貫して輸送することをいう。
ウ 鉄道輸送には、トラック輸送に比べて、荷主が出発時間を自由に指定することができるという長所がある一方で、輸送トンキロ当たりの二酸化炭素排出量が多いという短所もある。
エ トラックの時間当たりの実車率を高める方策の1つは、納品先での納品待機時間など手待ち時間を削減することである。
オ トラック輸送では、1台のトラックに荷主1社の荷物だけを積載する貸切運送しか認められていない。

解説

輸送手段等に関する問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、「フェリーと同様に、トラックと運転者を一緒に輸送することができる船舶」とありますが、RORO(roll-on roll-off)船とは貨物を積んだトラックや荷台ごと輸送する船舶のことであり、旅客船であるフェリーとは異なり、基本的に客室のない貨物船となります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢イは、「1人の運転者が輸送途中で休憩しながら発地から着地まで一貫して輸送」とありますが、中継輸送とは複数人の運転者が中継地で交代しながら輸送する方法となります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢ウは、鉄道輸送とトラック輸送の比較となりますが、荷主が出発時間を自由に指定することができるのはトラック輸送の長所であり、輸送トンキロ当たりの二酸化炭素排出量が多いのもトラック輸送の短所となります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢エは、時間当たりの実車率とは、トラックが走行した時間(総走行時間)のうち実際に貨物を積載して走行した時間の比率のことであり、手待ち時間は総走行時間に含まれるため、手待ち時間を削減することで時間当たりの実車率を高めることができます。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢オは、「貸切運送しか認められていない」とありますが、トラック輸送では1台のトラックに複数の荷主の荷物を積載する混載輸送も行われています。
よって、この選択肢は×です。

以上から正解は選択肢エとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ