【過去問解説(法務)】H30第8問 意匠権

今回は意匠権の問題について解説します。

 

H30 経営法務 第8問

意匠制度における「意匠の類似」に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 出願前に頒布された刊行物に記載された意匠に類似する意匠は、登録を受けることができない。 

イ 類似の意匠について同日に 2 以上の意匠登録出願があり、意匠登録出願人間で行われる協議が成立しなかった場合は、特許庁長官が行う公正な方法によるくじにより定めた一の意匠登録出願人のみが意匠登録を受けることができる。 

ウ 意匠権者は、業として登録意匠の実施をする権利を専有するが、これに類似する意匠についてはそれを実施する権利を専有しない。 

エ 意匠登録を受けようとする関連意匠にのみ類似する意匠についても関連意匠として意匠登録を受けることができる。

 

 

早速それぞれの選択肢を見ていきましょう。

 

選択肢アは意匠権の登録の要件として「非公知、非頒布・公表」という要件がありました。そのため、出願前に頒布された意匠は登録要件を満たしていないので登録を受けることはできません。よってこの選択肢は○とできます。

 

法務の場合、不適切なものが削れなくても、明らかな正解があればそれで確定させても良いかと思います。

ただ、他の選択肢を全く見ずにというのも不安ですし、正解だと思っていたものが思い違いだったという可能性もあるかと思いますので、一応一通り選択肢には目を通しておいた方がよいかとは思います。

 

選択肢イは、同日に出願があり、協議が不成立だったときにくじで決まるのは商標でした。意匠の場合は協議不成立だと不登録となるので×です。

 

選択肢ウは、意匠権は類似意匠にも効力が及ぶので×です。

 

選択肢エは、関連意匠の関連意匠は登録できないので×です。

 

以上から正解は選択肢アとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ