【過去問解説(経済学)】R3 第21問 消費の競合性と排除性

今日は経済学のR3第21問について解説します。

R3 経済学 第21問

消費の競合性と排除性に関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なもの を下記の解答群から選べ。

a マグロの漁場のような共有資源には、排除性はないが、競合性がある。
b 支払いにより加入をすることで消費ができるクラブ財には、排除性があるが、競合性はない。
c 競合性と排除性を持ち合わせる財のことを公共財という。

〔解答群〕

ア a:正  b:正  c:正
イ a:正  b:正  c:誤
ウ a:正  b:誤  c:誤
エ a:誤  b:正  c:誤
オ a:誤  b:誤  c:正

解説

ミクロ経済学の消費の競合性と排除性に関する問題です。

それでは、早速各記述をみていきましょう。

記述aで問われている、共有資源は対価を払わなくても使用できる「非排除性」、ある人が消費すると別の人の消費が減る「競合性」を持った財です。
よって、この記述は〇です。

記述bで問われている、クラブ財は「非競合性」と「排除性」を持った財です。
よって、この記述は〇です。

記述cで問われている、公共財は「非競合性」と「非排除性」を持った財です。
よって、この記述は×です。

以上から記述aとbが正しく、正解は選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ