【過去問解説(運営管理)】H27 第23問 都市計画法

今日は運営管理のH27年第23問の都市計画法の問題について解説します。

 

H27 運営管理 第23問
都市計画法および建築基準法による用途地域に関する説明として、最も適切なものはどれか。
ア 床面積が1,000m2の店舗の場合、第一種低層住居専用地域に出店することができる。
イ 床面積が2,000m2の店舗の場合、第二種中高層住居専用地域に出店することができる。
ウ 床面積が5,000m2の店舗の場合、第一種住居地域に出店することができる。
エ 床面積が12,000m2の店舗の場合、準住居地域に出店することができる。
オ 床面積が15,000m2の店舗の場合、近隣商業地域に出店することができる。

解説

都市計画法の店舗面積の規制に関する問題です。

中小企業診断士試験の都市計画法の問題は、店舗面積の規制に関する問題が大半ですので、まとめシートで紹介した、下の表を覚えておけば対策できます。

これを踏まえて、各選択肢と表を照らし合わせると、

 

選択肢ア▲

選択肢イ▲

選択肢ウ×

選択肢エ×

選択肢オ●

 

で、建設OKの●がついている、選択肢オが正解となります。

 

 

2020年度版まとめシート(前編)好評発売中!

ご購入はこちら

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ